読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALLORAのげーむ

自分用のゆるいゲーム攻略

きらめきスキー白書 攻略 Android

  • 所感というかがっつり感想

カイロ史上一番!これはすごい!とはじめ興奮。
配置代えすらない過去作もある中、配置代えが無料で出来るから、リセットして初めから配置やり直しってことをしなくて良い。

レンタルショップのグッズの強化や、飲食店のメニューの作成などがある、、、と聞くと、盛りだくさんすぎて大変そう、、、と思いきや、とても手軽にメニューを増やしたりでき、気軽にやりこんでる雰囲気が味わえる。

マップが広く、ピラミッド(過去作)のように、ぎゅうぎゅうに専門店をどう繋げるか考えず、かなり自由に作ることができる。しかし逆に言えばどう詰め込むか悩む楽しみがない。

過去作は周回マラソンをしているうちに、全コンテンツを出す前に飽きてしまうが(私の場合)、一周で、やり直すことなく完成を目指すことができる。
逆に言えば、一周でやりきってしまう。
※周回すると個数制限のある建築物が増やせる。

床の色がたしかクルーズ(過去作)や海賊(過去作)の場合は、床によって魅力値的なものが違い、能力重視にするならば全て同じ床にしなければならず、見た目で選べなかったが、今回は床にステータスがないので好きに選べる。

特に攻略といった攻略も必要なく、本当に自由にスキー場を作ることができる、カイロ集大成の作品!!と思ったけど、やり込み要素がなく、物足りないのかも?もう少し続けてみます。

※しいていえば、山砂と、写真が足りなくなるので、スポンサーの「全国旅出版社」と「スポーツ用品店ポッペン」は、友好度がMaxになっても、何回もスポンサーにする必要がある。

それ以外は本当に初見で楽しめます。

 

これに似たわくわくがある↓

 

  • 攻略

というか遊び方に書いてあるのかもしれないけど、読まないでプレイする際足りないこと。

上部をタッチすると全体マップをみれる。

ゲレンデのオブジェクトの近くをお客さんが滑るとお客さんは経験値がもらえる。

右上の緑の数字は999でMaxで、そうなる前に装備の強化に使用する。

 

f:id:ALLORA:20170308105533p:plain

二週目の画像。噴水がふたつ。